猫の種類と品種−ハ行

スポンサードリンク

ハ行
バーマン
バーミーズ
ハバナブラウン

バリニーズ
ピクシーボブ
ヒマラヤン

ペルシャ
ベンガル
ボンベイ

※画像著作権 M/Y/D/S (http://myds.sakura.ne.jp/)転載禁止

バーマン

バーマン

ミャンマー原産の長毛種。体格はロング&サブスタンシャルタイプ。丸く大きな顔にと卵形の目を持つ。両耳の間隔が広いため、頭部はかなり大きく見える。サファイアブルーの目と四肢に現れる白いミテッド、背中に生えるゴールデンミスト(金色がかった淡いクリーム色の毛)が特徴。

公認色は、チョコレートポイント、シールリンクスポイント、ライラックポイント、ブルークリームポイントなどのポイント。公認目色はサファイアブルーのみ。性格は穏やかでおとなしい。飼い主に従順なためペットとしても飼いやすい。


バーミーズ

バーミーズ

ミャンマー原産の短毛種。「バーミーズ葉巻」に色が似ていることが名前の由来とされる。バーミーズには、アメリカンバーミーズとヨーロピアンバーミーズがあるが、いずれも体格はふっくらとしたコビータイプ。アメリカンバーミーズは、丸い頭、ふっくらとした頬、幅広く短い鼻を持つ。一方、ヨーロピアンバーミーズは逆三角形の頭と丸い鼻をもつ。また後ろ足が長いためやや前傾姿勢となる。

公認色は、セーブル、ブルー、シャンパン、プラチナ、フロストなど。目色はゴールドのみ。性格はアメリカン、ヨーロピアン共に人懐っこい。基本的におとなしいが、遊ぶのも好きである。


ハバナブラウン

ハバナブラウン


イギリスを原産の短毛種。シールポイントのシャムと、シールポイントのシャムをかけ合わせた結果、偶然黒猫が誕生したのが起源。シャムを原種としているため、体格はスリムなセミフォーリンタイプ。逆三角の頭は、大きな耳細長い尾が特徴。

公認色は、ホワイト、ブラック、レッド&ホワイト・ブラウンタビー、チョコレート、フロストなど、必ずしもブランでは無いため、単にハバナと呼ばれる場合も多い。性格は原種がシャムなので非常に活発。よく動きよく遊ぶ。また甘えん坊で愛嬌があり憎めない性格。


バリニーズ

バリニーズ

ミャンマー原産の長毛種。原種はシャム。猫の品種としては比較的新しい。シャムを原種とする長毛種ではバーマンがよく知られるが、バリニーズはシャムとターキッシュアンゴラの交配により、シャムのオリエンタルタイプの体格を保つ。まさにシャムの長毛種という表現がふさわしい。

公認毛色は、チョコレートポイント、シールポイント、ライラックポイント、ブルーポイントなどのポイント公認目色はブルーのみ。少しわがままで神経質な一面があるのはシャムと同様。活発なので、遊んでもらうのは好きなようだ。


ピクシーボブ

ピクシーボブ

アメリカ原産の短毛種。ピクシーボブは、ネコ科オオヤマネコ属のボブキャットの自然繁殖により誕生したと発表されたが、後にボブキャットの遺伝子を含まないことがわかった。体格はがっしりとしたロング&サブスタンシャルタイプ。最大の特徴はなんといっても、短い尻尾(ボブ手いるである)

公認毛色は、茶色のスポット。公認目色は限定されていない。スポッド柄から連想する野生的なイメージとは逆に性格は、いたっておとなしい。頭もよく飼い主にも良く懐く。ペットとしても飼いやすい猫だが、日本ではあまり知られていない。

スポンサードリンク


ア行
アビシニアン
アメリカンカール
アメリカンショートヘア

アメリカンボブテイル
アメリカンワイヤーヘア
エキゾチックショートヘア

エジプシャンマウ
オシキャット
オリエンタルショートエア
カ行
キムリック

コーニッシュレックス

コラット
サ行
サイベリアン
ジャパニーズボブテイル
シャム

シャルトリュー
シンガプーラ
スコティッシュホールド

スフィンクス
セルカークレックス
ソマリ
タ行
ターキッシュアンゴラ
ターキッシュバン
デボンレックス
トンキニーズ
ナ行
ノルウェージャンフォレストキャット
ハ行
バーマン
バーミーズ
ハバナブラウン

バリニーズ
ピクシーボブ
ヒマラヤン

ペルシャ
ベンガル
ボンベイ
マ行
マンクス

マンチカン

メインクーン
ラ行
ラガマフィン
ラグドール

ラパーマ

ロシアンブルー


© 猫の種類と品種. All Rights Reserved