猫の種類と品種−ラ行

スポンサードリンク

ラ行
ラガマフィン
ラグドール

ラパーマ

ロシアンブルー

※画像著作権 M/Y/D/S (http://myds.sakura.ne.jp/)転載禁止

ラガマフィン

ラガマフィン

アメリカ原産の長毛種。原種は不明だが、ラグドールに非常に良く似ている。ラグドールやメインクーンなどの交配によって人為的に作り出されたといわれている。体格は大型のロング&サブスタンシャルタイプ。やわらかく長い被毛によって、見た目はかなり大きく見える。

公認毛色は、ブラック&ホワイト、ブルーリンクスポイント、トーティシェルなど全ての毛色。性格もラグドールに良く似ており、優しく頭もよい。好奇心旺盛で、遊ぶのもそれなりに好き。ペットとしても飼いやすい。


ラグドール

ラグドール

原産国はアメリカと言う説が有力で、比較的新しい長毛猫の品種。体格はロング&サブスタンシャルタイプの大型で、成猫の体重は、10キロを超えることもある。

公認毛色は、ブルーポイントバイカラー、シールリンクスポイント、チョコレートポイント、ライラックポイントなどのカラーポイント。ラグドール(Ragdoll)とは、ヌイグルミという意味を持つ。その名の通り、フワフワとした長毛の被毛が特徴的。性格はおとなしく従順で飼い主にも良くなつく。帰巣本能が強いと言われているため、引越しなど環境の変化に弱いかもしれない。


ラパーマ

ラパーマ

アメリカ原産の長毛種。アメリカ・オレゴン州の農家で突然変異で生まれた。猫の品種の起源としては新しい。体格は筋肉質なセミフォーリンタイプ。名前の通りカールのある被毛が特徴。子猫の頃は非常に薄毛だが、生後1年もすれば、魅力的なパーマヘアーに変化する。

全ての毛色が公認色として認められている。性格は物静かでおとなしいが体を動かして遊ぶことも嫌いではない。特徴的なパーマヘアーを維持するため、飼い主によるブラッシングが必要。


ロシアンブルー

ロシアンブルー

ロシアンブルーの起源については様々な説があるが、ロシアのアルハンゲル島を起源とする説が有力。体格はほっそりとしたフォーリンタイプ。エメラルドグリーンの目が特徴的。

名前の通り公認色はブルー。(猫の場合はグレーの被毛ををブルーと表す)短いブルーの被毛は光の加減によって銀色に輝く。その姿は実に優美。性格はおとなしいが、運動量は多い。また警戒心が強く神経質なため人見知りをすることが多い。反面、飼い主に対して忠誠心が強いためペットとしての人気は非常に高い。

スポンサードリンク


ア行
アビシニアン
アメリカンカール
アメリカンショートヘア

アメリカンボブテイル
アメリカンワイヤーヘア
エキゾチックショートヘア

エジプシャンマウ
オシキャット
オリエンタルショートエア
カ行
キムリック

コーニッシュレックス

コラット
サ行
サイベリアン
ジャパニーズボブテイル
シャム

シャルトリュー
シンガプーラ
スコティッシュホールド

スフィンクス
セルカークレックス
ソマリ
タ行
ターキッシュアンゴラ
ターキッシュバン
デボンレックス
トンキニーズ
ナ行
ノルウェージャンフォレストキャット
ハ行
バーマン
バーミーズ
ハバナブラウン

バリニーズ
ピクシーボブ
ヒマラヤン

ペルシャ
ベンガル
ボンベイ
マ行
マンクス

マンチカン

メインクーン
ラ行
ラガマフィン
ラグドール

ラパーマ

ロシアンブルー


© 猫の種類と品種. All Rights Reserved