猫の種類と品種−サ行

スポンサードリンク

サ行
サイベリアン
ジャパニーズボブテイル
シャム

シャルトリュー
シンガプーラ
スコティッシュホールド

スフィンクス
セルカークレックス
ソマリ

※画像著作権 M/Y/D/S (http://myds.sakura.ne.jp/)転載禁止

サイベリアン

サイベリアン

ロシア原産の長毛種。体格は大型のロング&サブスタンシャルタイプ。ロシアの寒い気候にも耐えうるよう、ダブルコートの厚い被毛で覆われている。しっぽの先までふわふわの被毛で覆われており、実際の体重より大きく見える。

公認色はブラックスモーク、レッドマッカレルタビー&ホワイトなど全ての毛色。性格はいたっておとなしい。頭も賢いので飼い主の言う事を聞き分ける。野生的な一面もあり好奇心もやや旺盛。



ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイル

我が国原産の猫の品種。原種は雑種の短毛種だが、アメリカで品種改良され固定。現在は、短毛種と長毛種の両方が認められている。体格はすらりとしたフォーリンタイプ。最大の特徴は何と言ってもその丸まった尾(ボブテイル)である。

公認色は二毛、三毛など様々。目色は被毛に準ずる。ボブテイルと言えば、無尾遺伝子を持つマンクスを連想するが、ジャパニーズボブテイルの丸まった尾はマンクスの無尾遺伝子によるものではない。性格は様々な猫の中でも最も穏やかで優しい品種。また環境の変化に強く、場所の変化にも対応できる気質も猫としては異例。非常に飼いやすい猫といえる。


シャム

シャム

シャムはタイ王国原産の、短毛種。狐のように逆三角の顔を持ち、細長い尾、青い目に赤い瞳が特徴。体格は太り難いオリエンタルタイプ、で見た目には小柄なイメージがある。

毛の色は薄い茶色ベースで、足の先端、尻尾、背、顔の一部が濃い。性格は、野性的で活発な傾向になりやすい。

シャムは、高級な猫としてしばしば表現されるが、原産国であるタイの、王室でのみ飼うことができた高貴な血統であった事に由来している。


シャルトリュー

シャルトリュー

フランス原産の短毛種。ロシアンブルーと同じくブルー(猫でいうグレー)の被毛を持つが、大型のセミコビータイプのため、可愛いというより力強い。口元がすぼんでいるため不敵な笑みを浮かべているように見える。また手足が短いのでドッシリとした風格を漂わせる。

公認色はブルーのみ、ゴールド、カッパーの目が美しい。性格はおとなしく我慢強い。頭が非常に良く飼い主にも従順。ペットとして飼いやすい猫といえる。


シンガプーラ

シンガプーラ

シンガポール原産の短毛種。猫の品種としては最小セミコビータイプ。成猫のオスでも2キロ程度にしか成長しないことから、「小さな妖精」と呼ばれる。体は小さいが筋肉質で、小さいアビシニアンのようにも見える。小さな顔に大きな耳、目にはアイラインがある。

公認色は、セピア、セーブル、セピアアグーティタビー、セーブルアグーティタビーなど。公認目色は、ヘーゼル、グリーン、ゴールドなど。性格は優しく甘えん坊。またおとなしい。まさに妖精のようで、筆者も一度は飼ってみたい猫の品種である。

スポンサードリンク


ア行
アビシニアン
アメリカンカール
アメリカンショートヘア

アメリカンボブテイル
アメリカンワイヤーヘア
エキゾチックショートヘア

エジプシャンマウ
オシキャット
オリエンタルショートエア
カ行
キムリック

コーニッシュレックス

コラット
サ行
サイベリアン
ジャパニーズボブテイル
シャム

シャルトリュー
シンガプーラ
スコティッシュホールド

スフィンクス
セルカークレックス
ソマリ
タ行
ターキッシュアンゴラ
ターキッシュバン
デボンレックス
トンキニーズ
ナ行
ノルウェージャンフォレストキャット
ハ行
バーマン
バーミーズ
ハバナブラウン

バリニーズ
ピクシーボブ
ヒマラヤン

ペルシャ
ベンガル
ボンベイ
マ行
マンクス

マンチカン

メインクーン
ラ行
ラガマフィン
ラグドール

ラパーマ

ロシアンブルー


© 猫の種類と品種. All Rights Reserved